Monthly Archives: 11月 2013

陰茎や亀頭などは神経が集まっている場所ですから、包皮をカットするだけの簡単な手術であっても、包茎手術後には思わぬ量の出血が起きることや、強い痛みを感じる事もありますから、心配な場合には、すぐにクリニックに電話をして医師の指示を仰ぐようにしましょう。

包茎手術後は、異常がない場合でも多少の痛みはありますから、医師に連絡するかどうかの痛みの目安は、痛みで眠れないなど、生活に支障をきたしているかどうかで判断をしましょう。医師からは痛み止めが処方されますが、その痛み止めが体質に合わずに効いていないというケースもありますから、痛みの目安を超える場合には、電話などで医師に相談をして、痛み止めの薬を変えてもらう、包帯を巻きなおしてもらうなどの処置を受けるようにしましょう。

生活に支障が出るかどうかの痛みの目安は、人それぞれ違いますが、手術後の経過が良くないと手術の跡にも影響してくる可能性がありますから、無理をせずに医師に相談をする事が大切です。クリニックによっては、包茎手術後は24時間体制で医師が電話相談に応じてくれるサービスを行っているところもありますから、痛みが心配な方はそのようなクリニックを選ぶというのも良いかもしれませんね。

福岡の天神で包茎手術を受けた私としては、東京ノーストクリニックは凄くお勧めできる病院でした。こちらの病院はメンズクリニックになっていて女性の看護師さんもいませんし、ほかの患者さんと顔を合わせることもありません。一般の泌尿器科などでは病名が読み上げられて隣の患者さんに聞こえたりして恥ずかしい思いをすることもあります。参考サイト:包茎手術天神.com|天神駅の近くで選ばれる評判の病院は?

しかし、メンズクリニックではその辺の配慮も行き届いていますので安心です。東京ノーストクリニック福岡院では24時間の電話相談も受け付けられています。ですので、術後に万が一痛みがひどくなったり不安なことが出てきた場合には気軽に相談できます。もちろん、電話の相手は男性ですので恥ずかしい思いをすることもありません。まぁ相手が男性でも恥ずかしいと感じる方もいるかもしれませんが、相談ごとがあるときはそれどころではないと思いますのでそれほど不安に思う必要もないかと思います。

包茎手術を行う際に、手術方法はいくつかあります。 その中でも代表的なものとしてあげられるのは亀頭直下埋没法です。亀頭直下埋没法は名前の通り亀頭の下を切断して皮を縫合させる手術方法です。 この方法を選ぶ医師が多く、包茎手術をする場合この方法での手術になる場合が多いようです。

包茎が痛む男性

そこで気になるのがメリットとデメリット。 まずメリットですが、切断面が分かりにくく傷跡をそこまで気にする心配はないということです。 どうしても傷跡を気にしてしまう方は多いと思いますのでこの辺りは気にする心配はなさそうですね。

デメリットですが、強すぎる刺激によって縫合が解けるということがあります。 医師の技術力次第では、縫合面が雑になりやすかったり、痛みと共に出血してしまったりする場合も稀にあります。 その他には、禁止される事が非常に多いです。 一ヶ月の禁欲、病院によっては勃起の抑制を支持される場合も。

亀頭直下埋没法で一番大切な事は医師・病院選びになってきます。 腕のいい医師を選ぶことが出来ればデメリットの心配性も減ってきます。 逆に医師や病院選びに失敗してしまうと上げた事のほかにもトラブルが起きる可能性が出てきます。包茎手術の際、医師・病院選びは慎重に行わなければいけません。

包茎を治す上でよく言われている矯正方法、剥き癖ですが本当に効果はあるの?と思う方も多いですよね。 剥き癖は仮性包茎に有効とされている方法ですので、真性包茎の方はまた違った手順を踏む必要があります。

結論から言えば、やってみなければ分からない……なんですよね。 効果が出る人もいれば、勿論出ない人も居ます。 剥き癖を付けて効果が出なかったという人は残念ながらこの方法は断念した方が懸命かもしれません。 誰にでも向き不向きがありますから、別の方法を探したほうがいいでしょう。

しかし、短気は損気とはよく言いますが、これは短期間で効果が得られるものではありません。 1週間ほどで治るのでしたら誰も苦労はしませんよね。

剥き癖で治そうと思っているのでしたら、気長に行ってください。 可能性に賭けるのも気長に続けるのも無理だという人は素直に病院に行ったほうが効果があると思います。また、荒療治に近いと言われていますので、十分注意して行ってください。 必ず清潔な状態を保つようにしてくださいね。