亀頭直下埋没法での包茎手術、メリットとデメリット

包茎手術を行う際に、手術方法はいくつかあります。 その中でも代表的なものとしてあげられるのは亀頭直下埋没法です。亀頭直下埋没法は名前の通り亀頭の下を切断して皮を縫合させる手術方法です。 この方法を選ぶ医師が多く、包茎手術をする場合この方法での手術になる場合が多いようです。

包茎が痛む男性

そこで気になるのがメリットとデメリット。 まずメリットですが、切断面が分かりにくく傷跡をそこまで気にする心配はないということです。 どうしても傷跡を気にしてしまう方は多いと思いますのでこの辺りは気にする心配はなさそうですね。

デメリットですが、強すぎる刺激によって縫合が解けるということがあります。 医師の技術力次第では、縫合面が雑になりやすかったり、痛みと共に出血してしまったりする場合も稀にあります。 その他には、禁止される事が非常に多いです。 一ヶ月の禁欲、病院によっては勃起の抑制を支持される場合も。

亀頭直下埋没法で一番大切な事は医師・病院選びになってきます。 腕のいい医師を選ぶことが出来ればデメリットの心配性も減ってきます。 逆に医師や病院選びに失敗してしまうと上げた事のほかにもトラブルが起きる可能性が出てきます。包茎手術の際、医師・病院選びは慎重に行わなければいけません。